記事の詳細

水の成分を調べると、その水の歴史が分かります。どのような性質の大地に雨から生れて、どんな地層にどれくらいの時間滞留していたのか凡そ分かります。水に含まれているミネラルの種類と量を調べると水の歴史が判明します。世界的に見て軟水は日本、欧米は硬水が主流であるのは間違いないですが、ヨーロッパにも軟水はありますし、日本にも関東地区の一部と沖縄県に硬水の地域があります。

◆硬水の特徴その①ミネラル分を多く含んでいる

軟水と硬水の違いは硬度で、WHOの基準では硬度120以上の水を硬水と定義しています。硬水にはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラル分、とくにカルシウムやマグネシウムが多く含まれています。石灰質の地層を長い時間をかけてゆっくりと流れて来た水は地層の中に含まれるミネラル分をより多く吸収して硬水になります。石灰岩はカルシウムから出来ていますので、至極当然と言えば当然です。ヨーロッパの地層は比較的平坦で、石灰質の地層が多いから硬水になるのです。日本は地形が急峻であるから滞留時間も短くミネラルを吸収する時間もありませんので、軟水となります。

◆硬水の特徴その②飲み水としては「重い口当たり」で癖がある

軟水に慣れている日本人に硬水は少し飲み難い水といえます。ミネラルは人間に必要な成分ですからバランス良い量が含まれていれば問題はありませんが、例えばマグネシウムが多い水なら苦みを感じます。スポーツの最中やスポーツの後で硬水を飲むのは運動で失われたミネラルを補充する事になりますから、おすすめです。一度に大量の水を飲むのは良くありません。1回にコップ一杯(200cc)程度にして、少しずつ飲むようにしましょう。硬水で緑茶や紅茶を入れると色が変わり、美味しくありません。

◆硬水の特徴その③料理に硬水は合わない。

欧米では肉の煮込み料理に水を使わずに、牛乳や油などを使います。これは肉のタンパク質が硬水に含まれるミネラルと結合して灰汁になるからです。お米を硬水で炊きますと「パサパサ」のご飯になりますので、ヨーロッパではお米を蒸したり、炒めたりして食べる習慣になりました。こうした硬水の特徴がその地域の料理方法にも影響しています。

◆硬水の特徴その④石鹸の泡立ちが悪くなります

硬水に含まれているカルシウムイオンが石鹸の成分と結びつき泡立ちを悪くします。そこで泡立ちを良くするには石鹸の使用量を増やす事です。しかし「すすぎ」が大変で経済的にも良くありません。ヨーロッパ(ドイツ)では硬水軟化剤なるものが販売されているようです。軟水の日本では考えられない事ですよね。泡立ちの良い日本の軟水に感謝です。

◆硬水の特徴その⑤台所のシンクが白くなる

ヨーロッパでは当然水道水も硬水(それも硬度が300程度)ですので、台所のシンクにミネラル分(主にカルシウムやマグネシウム)が沈着して長い時間経過するとシンクは白くなります。

ページ上部へ戻る