記事の詳細

ウオーターサーバーは一般家庭にまで広く普及するようになってきました。取扱業者も沢山あり、どこの業者が一案ニーズに合っているかを見分けるのは以外と難しいのではないでしょうか? 知り合いや友人からの口コミやインターネット情報などを総合的に判断して業者を絞り込みますが、やはり最終は使ってみないと分かりません。見ると聞くとは大違いという諺もありますが、自分で使って納得するのが一番です。幸いなことに「1週間無料お試し」ができる業者も多くありますから、遠慮しないで無料お試しをして、数社を比較検討するのが後悔しない方法です。

◆1週間のお試し期間でサーバーと水の味を見極めましょう

お試し期間は1週間と短いですが、サーバー本体、使用する水(12L)まで全て無料で貸し出してくれますのでリスクなしにお試しができます。使ってみてイメージに合わないと感じたなら、サーバーを返せば良いのです。1週間に1種類の水を試す事ができますから、3週間で3社の水を試すことができます。水の味やサーバーの使い勝手、問題点などを見つけましょう。極端な事を言いますと、自分の好みのサーバーや水に出会うまで「お試し」を何回でも続けることは可能です。ただし1業者に付き1回のお試ししかできません。サーバーの設置から撤去まで全て業者がやってくれますので、ユーザー側の手間は全く掛かりません。負担するのは1週間の電気代のみですから¥250円~¥100円程度で済みます。ユーザーにとっては非常にお得なプログラムですから利用して試してみましょう。

◆お涙ちょうだいで気に入らないサーバーを設置してはいけません。

サーバーとは長いお付き合いになりますから、一時の感情「お世話になったので使う」という判断は止めた方が良いです。一回で済む買い物ならばその判断も良いのですが、これから先、何年も使い続ける物ですから、本当に満足する買い物なら良いですが、サーバーはそれ程気に入らないが、お世話になったから設置するという感情で買うのは止めましょう。後悔することになります。業者には冷たいようですが、気に入ったサーバーでない場合は遠慮なく断る事は非常に大切です。業者も断られることには慣れています。

◆疑問点や不明点はお試し期間に全てクリアーしておきましょう

お試し期間中に分からない事は全て業者の営業マンに聞いておく事です。分からないままに契約すると後で問題になる場合があります。サーバーの据え付けや撤去の時には営業マンや専門家が来訪しますので、その時にハッキリとさせておきたいです。ユーザーがやるべき日常のメンテナンス(掃除)や設置場所のアドアイス、水ボトルの保管方法、場所なども適切なアドアイスをしてくれるでしょう。お試し期間は非常に丁寧に説明してくれるし、質問にも全部答えてくれます。業者は新しい顧客が喉から手が出るほど欲しがっています。たとえは悪いかもしれませんが「結婚前」のようなもので、男性の女性にたいする扱いが丁寧なように、業者の新規顧客に対する接し方は丁寧です。

関連記事

ページ上部へ戻る