記事の詳細

人間は口から取り入れるもので生命を保っています。特に小さな子供は細胞分裂が活発に起こっていますので、人生で特に大切な時期です。食べ物、飲み物には気を配り、有害物質が含まれていない物を食べさせたいですよね。有害物質とは重金属(鉛やカドミウム)、農薬、発がん性の有機化合物、放射性物質、細菌やウイルス等を言います。水にはこの様な有害物質が含まれている可能性が無いとは言い切れません。子供には有害物質で汚染されていない食べ物や水を与えたいです。

◆安全ではあるが、時として有害物が混入する水道水や天然水

水道水は水道法が適用されていますから、安全な水と言えます。平常時は安全ですが、時として安全でない水となるリスクを抱えています。東北大震災の時に放射性物質が水道水を汚染しました。水道管の管理が悪ければ鉛や発がん性の有機物が混入する恐れもあります。

天然水は食品衛生法が適用されていますから、こちらも安全な水と言えます。しかし有害物がしみ込んだ地層を通ってくればやはり、時として不安全な水に変質します。子供には100%安全な水を飲ませたいです。

◆子供には有害物や不純物を取り除いた「RO水」をおすすめします

RO水はフィルターを通して不純物、有害物質を全て除去していますから、子供には最も安心して飲ませることができる水です。ウオーターサーバーは天然水かRO水ですから、小さなお子様のいる家庭はRO水を選択するのが良いです。RO水は純水に近い水なので味は良いとは言えませんが最も安全です。平常時は勿論、災害発生時や緊急時にもRO水は最も安全です。工場で直接ボトリングしますから有害物が混入する余地がありません。RO水では味に問題があると感じた場合は「デザインウオーター」を選択しても良いです。

◆成長期の子供にジュース類やスポーツドリンク、清涼飲料水を飲ませない

子供は「甘い物」を好みます。黙っていれば身体に良くない清涼飲料水や砂糖たっぷりのジュース類を飲んでしまいます。それを避けるためにもウオーターサーバーを家庭に設置して、小さいときから安全な水を飲ませるようにしましょう。習慣化することで健康的な子供が育ちます。人間は全て習慣で人生が決まりますので、悪い飲み物を飲まずに、身体に良いウオーターサーバーのRO水を飲む習慣を付けることが子供に対する愛情ではないでしょうか。甘い飲み物を避けることにより体の健康は勿論、歯の健康にも良いですから虫歯になりません。まさに一石二鳥です。

◆ウオーターサーバーの水は、それほど高くはありません

ウオーターサーバーは普及率が4~5%になり、取り扱い業者も50社程度に増えました。

サーバーのレンタル料が無料で、電気代も省エネモードのサーバーが開発されてきています。月間の費用は子供2人にRO水を毎日2L飲ませると仮定すると、水代が2×30日×¥100円/L=¥6000円/月、電気代が¥1000円程度で合計7千円です。大切な子供2人の為に、月に7千円の負担は高いでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る