記事の詳細

水の歴史は人類の歴史とともにあります。人類は河川の水を飲んでいましたが、当然、そのとき地球の汚染はなかったので、綺麗な本当の意味での天然水を飲んでいたと想像できます。

文明の発展とともに人類は定住生活をするようになり、いつからか(4千年~9千年前と言われています)井戸掘りをして井戸水を飲むようになり、明治まではそんな生活でした。

明治になって西洋文明を取り入れた近代的な水道が大都会を中心に敷設され、いまでは日本全国で安全で衛生的な水道水が飲めるようになっています。

近年になって、持ち運びが便利である為ペットボトルの水を飲む習慣ができて、さらにウオーターサーサーバーの水が普及してきました。

ウオーターサーバーは安全で便利さが受け入れられて職場から家庭まで幅広い層で使われています。

ウオーターサーバー、ペットボトル、水道水、どれを選ぶ

どの水も特徴があって、TPOで使い分けるのが良いのではないでしょうか。日本では水道水もペットボトルの水もウオーターサーバーの水も法律で規制されていますから安全で衛生的、さらには美味しい水と言えるでしょう。

水の価格は、水道水<ウオーターサーバー<ペットボトル水となります。

営業など外回り、移動が多い人なら持ち運びができる500mlのペットボトル水、家にいる事が多くて安い水を飲みたいなら水道水、いやいや、天然水に拘りたい人ならウオーターサーバーの水ではないでしょうか。ウオーターサーバーを取り扱っている業者は30社程ありますので、どの業者を選ぶかは迷いますよね。

まずは各社の資料を取り寄せてじっくり検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求でのチェックポイント

ウオーターサーバーの業界も競争が激化していて、サーバー本体のレンタル料金無料の業者もあります。(もちろん見かけ上は無料ですが、レンタル料金は水の価格に含まれているのは当然です)。

一番のチェックポイントは自分のニーズをハッキリとさせる事でしょう。自分の考えがあいまいなままに資料を請求すれば、何を中心に見れば良いかが分からずに、多分すごく迷うでしょう。

美味しい天然水を飲む事が望みなのか、水の安全性を最優先するのか、利便性を考慮してサーバーを採用したいのか、あるいは価格も含めた複合的なニーズなのかを決めておきましょう。

資料は各業者のインターネットサイトから請求できますし、1業者毎の個別請求が煩わしいのなら「一括請求」サイトから資料を取り寄せれば手間はいりません。もちろん資料を読むのが得意でない人はフリーダイアルで問い合わせることも出来ます。

資料のチェックポイントは、

  • 1)天然水にするのかRO水を選ぶのか、
  • 2)サーバーは買い取るのか、レンタルにするのか、
  • 3)毎月の予算をいくらにするのか、
  • 4)ランニングコスト(電気代)をどれくらいに設定するのか、
  • 5)卓上型を使いたいのか床置きタイプにするのか、
  • 6)水のボトルは使い捨てか、リターナブル式なのか、

などを頭において資料をチェックしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る