記事の詳細

日本のウオーターサーバー天然水は富士山の伏流水をつかっているものが多いのですが、大分県の日田盆地で採水されている九州の天然水を今回は紹介します。天然水の性質は雨の降った地域の地層や水の滞留時間によって硬度や含まれるミネラルの種類、量がきまります。石灰岩の地層であれば硬度は高くなりますし、玄武岩や花崗岩ならば硬度の低い水(軟水)になります。

◆水の特徴、採水地

九重、耶馬渓、阿蘇の伏流水を日田盆地で採水した天然水です。日田盆地では昔からウナギの養殖用に深井戸を掘って、その水でウナギを養殖していました。その井戸水で養殖したウナギの味は大変おいしくて、また深井戸の水を持ち帰って飲んでいた人が「美味しい水」という口コミで、注目を浴びることになりました。水の性質はPH8.3の弱アルカリで健康に良く、硬度も32と日本人にはとても飲み易い軟水です。ボトルは10L入りであり、直接ウオーターサーバーと接続して使用しますのでとても衛生的であり、サーバーの内部メンテナンスは不要な設計になっています。業者は天然水素水と言っていますが、水素濃度が記載されていません。水素水は健康に良く、体内で発生する活性酸素を中和してくれると言われています。日田天領水は綺麗な水であり特別な殺菌は行っていませんし、もちろん放射性物質の検査にも合格しています。

◆サーバーの特徴

コンパクトな卓上ウオーターサーバーで、床置き式は取り扱っていません。ウオーターサーバーの上に10Lの水ボックスを乗せるだけで簡単に使える所が特徴です。温水機能は無くて冷水のみの設定になっていますから温水の利用を考えている場合は注意が必要です。サーバーの使用料は無料です。1ケ月当たりの電気代は公式ホームページに記載されていませんが、温水機能が付いていませんので通常のサーバーの半額くらいだろうと推測できます。(¥500~600円/月程度)バッグインボックス型のウオーターサーバーですから雑菌は繁殖しません、もしも雑菌が検出されたら全額返金のシステムになっています。

◆配送エリアと配送料

沖縄、離島を含めて全国一律配送料は無料です。配送エリアに制限があったり、費用が別途かかる地域があるウオーターサーバー業者が多い中で、全国一律配送料無料は大変有難いです。

◆サーバーの設置費用、メンテナンス

卓上型ですので御家庭の台所やリビングの隙間に設置可能です。AC100Vのコンセントがあれば設置費用はかかりません。内部メンテナンスは元々不要な設計になっていますので業者によるメンテナンスはやらなくて済みます。日常のサーバー外部メンテナンス(吸水口の清掃など)をやっていれば清潔な水が飲めます。

◆費用計算(1年間使った場合の負担費用)

1ケ月の水使用量を2ボトル(10L×2ボトル)と仮定しますと¥3132円、電気代を¥600円とし試算しますと月間費用は、¥3732円となります。(送料、およびサーバーレンタル料は無料)年間では¥44784円となります。

関連記事

ページ上部へ戻る